【新型コロナ】感染拡大予防のために会社が休みになった場合の賃金

感染拡大予防のため会社が休みになった場合、休みの間の賃金はどうなるか解説します。

結論としては、会社に対して、賃金全額の支払いを求めるべきです。

政府が会社に対して、営業の自粛要請をしたとしても、会社が労働者に労務の提供をさせることができるのに、会社の判断で営業を自粛する場合は、「使用者の責めに帰すべき事由」(民法536条2項)があるものと考えられます。そのため、感染拡大予防を理由として会社が休みになった場合、その休みの賃金は全額支払われるべきです。

もっとも、結論として賃金全額の支払いとなるか否かは、ケースバイケースになります。

政府が非常事態宣言を出した場合や都市を封鎖した場合には賃金全額の請求や6割の休業手当が請求することが難しい場合もあります。

その場合には、弁護士や労働組合へ相談に行きましょう。

ご相談について

⑴ 相談予約
当事務所は完全予約制です。まずはお電話にてお問い合わせください。 電話口のみでの相談はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
※一定の資力基準以下の方は法テラスの法律相談援助を、震災時に対象地域に住まれていた方は震災法律相談援助を利用することが可能です。

⑵ ご相談後
法律相談の後、正式なご依頼をされるか否か検討していただきます。 料金や今後の手続きの流れなど、ご不明な点はお尋ねください。 納得していただいた上でご依頼いただける場合は、契約書を交わし、着手金の入金確認後、事件処理に着手致します。